ayuのヘアドネーション体験

2021年03月06日 この記事を書いた人

こんにちは。

Studio ONE DAYのayuです。

 

先日、ヘアドネーションのために2年間伸ばしていた髪を短く切りました!
mariさんにヘアセットをしてもらい写真も撮ってもらいました。

ヘアドネーションを初めて知ったのは今から約20年位前…

日本まだ始まっておらず、アメリカでそのような活動があるということを知り

「いつか私も寄付してみたいな」そんな想いを密かに抱いていました。

日本で活動が始まったのは今から12年前の2009年。

それから少しずつ認知度を上げ、「最近はヘアドネーションをする方が本当に増えた」と美容師の方がおっしゃっていました。

 

今年に入りやっと寄付するのに十分な長さになったのでそろそろ切ろうかなと思い始めたとき、

いつもお世話になっている美容室ではヘアドネーション用のカットをしていないということを知り

どこで切ろうかな…と考えていたところ

「北海道ヘアドネーション協会」の副理事長を務める美容師さんを紹介していただきました。

日本全国に団体はいくつかありますが、地域貢献という意味でも北海道で活動をしている団体に寄付をしたいと思い

早速紹介していただいた美容室「Rupi」さんに行って参りました~!

水色の壁のとっても素敵なインテリアの可愛らしい美容室で、とっても気さくな美容師さんでした。

男性の美容師さんですが、今ご自身もそのために髪を伸ばしているそうです。

ヘアドネーションについて色々とお話をしていただいたのですが、

最近は寄付をするために長い髪をカットしに来るお子様もたくさんいるようです。

その話を聞いて昨年の夏にONE DAYに来てくれたニコちゃんを思い出しました。

私が長い髪を乾かすのに毎日苦戦していてこれ以上伸ばすことを諦めかけていたころ、

ニコちゃんはその名の通りのニコニコ笑顔で「お母さんと一緒にヘアドネーションをするために伸ばしている」と目をキラキラさせながらお話してくれて

くじけそうになっていた私の励みとなってくれたので、目標の長さまで伸ばすことができ40cm寄付することができました。

また2度目の寄付に挑戦するため、頑張って髪を伸ばそうと思います☆

 


 

closetでは2021年3月30日まで、特別に成人式振袖撮影も承っています

お知り合いに成人を迎える方やその保護者様がいらっしゃいましたら、是非お知らせください

詳細はコチラから

 

 

 

この記事を書いた人 AYU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です