ONE DAYフォトグラファーayu #4

2020年09月29日 この記事を書いた人

こんにちは。

Studio ONE DAYのayuです。

最近ご来店いただいたお客様に私の自己紹介ブログを読んだと言っていただけることが何度もあり

とても嬉しく思っています。

 

少し間があいてしまいましたが、自己紹介ブログ第4回目は私が自宅でやっている民泊について

ご紹介したいと思います。

(※今年に入ってからは民泊はお休みしています)

 

ONE DAYスタッフにayuってどんな人?と聞くと

必ず「民泊やってる人」という返事が返ってくると思います。笑

自宅で民泊をやっていると言うと、びっくりする方がほとんどですが、

それって何?自宅で民泊って一体どういうこと?と興味を持ってくれる人も多いです。

民泊のスタイルにも色々種類があるので、ただ「民泊」と一言で言い表すのが難しいですが、

私の場合は外国からの旅行者を自宅の一室に泊めて、家で一緒に料理を作って食事をしたり、外で観光をしたり

滞在している間は家族のように一緒に過ごすというホームステイ民泊をしています。

まず私がなぜ民泊を始めようと思ったのかをお話したいと思います。

 

前回の自己紹介ブログに書いた通り、私は旅行が大好きでたくさんの場所に訪れましたが、

旅行中には様々なトラブルに見舞われ、困り果ててしまったことが数えきれないほどありました。

そんな時、いつも手を差し伸べて助けてくれたのは見ず知らずの現地の方たちでした。

そして旅行から帰ってきたとき、綺麗な景色や建物、美味しい料理などはもちろん思い出に残りますが、

いつも思い出すのは現地の人が親身になって困っている私を助けてくれたことや、一緒に食事をして楽しく交流したことでした。

 

なので今度は私が、この街に来た旅行者が困っているときに助けたり、旅行がもっと楽しくなるようにお手伝いをして

今まで自分が受けた恩を少しずつ返していこうと思い民泊を始めました。

 

いざ民泊を始めてみると、日本のリアルな生活や文化を体験してみたいという旅行者がたくさん来てくれましたが、

あまりに想定外でびっくりしたことや、思わずクスッと笑ってしまうような微笑ましい出来事もたくさんありました。

 

韓国から来た大学生は、「お土産を持ってきました!」と手渡してくれたものがビニールでぐるぐる巻きにされていて、

しっかり保冷剤で冷やされていて、大きくてずっしりと重い。(5kgくらいあったかも…)

何かな…と開けてみると、なんと手作りのキムチ白菜まるごと1個でびっくりしました。笑

 

インドネシアから来たご夫婦は、私の家の和室に入った瞬間、押入れを見て

「わ~!ここはドラえもんがいつも寝てる場所だよね!本物の押し入れを見ることが出来て本当に感動だよ!」と

まるで無邪気な子供のようにはしゃいでなんだかとても嬉しそうでした。

インドネシアでドラえもんが人気ということを知らなかった私に、

「実は小学生の時に学校で机の下に漫画を隠して読んでいたんだよ」とこっそり教えてくれました。笑

 

マレーシアから来たガーデニングが趣味のファミリーは、

私の家に到着した日、雑草だらけの無法地帯の私の家の庭を見て、いてもたってもいられなくなったそう。

なんと翌朝早起きして私が寝ている間に庭の草むしりをして庭を綺麗に整えてくれていました。

私は仕事に行くために朝家を出た時、突然庭が綺麗になっていたので一体何が起きたのかと本当にびっくりしました。

 

中国から来た大学生のカップルは、「雪を初めて見た」ととても感動していました。

彼らが帰る日の前日、私は仕事を終えて家に帰ると玄関のドアの前にあるものを見て思わず笑顔になりました。

とても可愛らしい雪だるまがいたのです。

インターネットで作り方を調べて頑張って作ったそうです。

 

たこ焼きを一緒に作ったシンガポール人は、焼きあがったたこ焼きをまじまじと見ながら

「これが本物のたこ焼き…!まさか…本物のたこ焼きを自分で作って食べられるなんて…」と目頭を押さえながら涙が出そなほど感動してくれました。

 

 

民泊を続けていくうちに、国際交流してみたい!というまわりからの声が多かったので

外国からの旅行者と地元の人が交流する場を設ける企画もするようになり、いつしか交流会もたくさん行うようになりました。

前に、ONE DAYのスタッフ(nana & shishiと英会話を習っているshishiの娘ちゃん)と

私の家にホームステイしていたドイツ人と一緒に食事をしたこともあり、笑いの絶えないとても楽しい交流会になりました。

shishiの娘ちゃんが「what is your name?」と質問していたのがとても可愛らしく印象に残っています。

 

 

ONE DAYに来るお子様たちも英会話を習っているという子がたくさんいて、

知っている単語をたくさん教えてくれたりと、とても嬉しく励みにもなります。

今年に入ってからは民泊を続けることは出来なくなってしまいましたが、

今も自宅でコツコツと語学の勉強を続けています。

 

 

The following two tabs change content below.
AYU

AYU

AYU

最新記事 by AYU (全て見る)

この記事を書いた人 AYU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です