写真を上手に撮るためのコツ~基本中の基本編~

2017年06月19日 この記事を書いた人

 

自宅やお出かけしたときに必ずと言っていいほど撮る写真

キレイに撮りたいけど、どうも上手に撮れない・・・

という方の為にONE DAYではこれから定期的に写真を上手に撮るためのノウハウを紹介していきたいと思います!

 

まずは写真を撮る前に出来る事や知っておくこと

 

テクニック1

スマホや一眼レフ等に限らず、意外と見落としがちなのがカメラのレンズ。レンズが汚れていないか確認しよう

レンズが汚れているとどんなに写真が上手な人でもいい写真は撮れません。

写真を撮る前にレンズを拭く習慣をつけることで、良く撮れたのに汚れが写っていた・・・ということがなくなります。

 

テクニック2

フラッシュは極力使わない

設定によっては自動でフラッシュがつくこともありますが、OFFにしましょう。

フラッシュがあると手前にあるものに光が当たり背景が暗くなってしまったり、不自然になってしまいます。

フラッシュをOFFにすることで全体的に明るく自然な印象で撮ることができます。

(左:フラッシュなし 右:フラッシュあり)

   

 

テクニック3

ズームは基本的に使わない(スマホで撮影する場合)

スマホで遠くのものを撮りたいときズーム機能がありますが、

ズームすることでブレやすくなるし、画質も荒くなるのであまりオススメではありません。

小さく撮っておいて、後から写真を切り抜いた方がキレイな写真を残しておくことができます。

ミラーレスや一眼レフで望遠での撮影はブレやすくなるので注意!

 

テクニック4

スマホやミラーレスではタップ(画面タッチ)でピントをとる

意外と知らないのがタップでピントがとれること

撮りたい被写体を画面上でタップすることでそこにピントを合わせられます。

左の写真のように”ONE”にピントをもってきて、手前の車をぼかしたり

右の写真のように手前の車にピントをもってきて背景をぼかしたりもできます!

 

テクニック5

スマホ・カメラを固定しよう

カメラ本体やスマホが小さいと片手で撮りがちですが、とってもブレやすくなります。

三脚を使用したり、両手でしっかり持ったり、壁に体をつけてカメラが動かないように固定することでブレを防ぐことができます

 

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した5つの基本テクニックをおさえておくことで

一段とキレイな写真を撮れるように!

ぜひ実践してみてください!

The following two tabs change content below.
Taka

Taka

【photographer】毎日が当たり前と思わずに感謝できる人になりたい 目の前にある小さいことにも【ありがとう】と思えるように

この記事を書いた人 Taka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です